たまりば

  多摩地域のお店・会社 多摩地域のお店・会社  その他 その他

2019年10月26日

EDWARD GREENのビスポークをオールソール

こんばんは!

RESH三軒茶屋店の村山です。

いつも当ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。


さて!
今回は・・・エドワードグリーン
しかも「ホールカット」です。
エドワードグリーンのホールカット修理


「ホールカット」とは?
たった一枚の革で靴の上部(アッパー)を作る靴です。
キズを避けて、大きく革を裁断していく為、贅沢な仕様となります。


更にこの靴は、なんとパターンオーダーなんです。

中敷きの画像は、あえて撮影しておりません
しっかりと、手書きの筆記体で、ブランド名の記載があるほか、お客様の名前も大きく書いてあます。
本当に贅沢な作りだと思います。


ラスト表記は808とあります。
このブランドで一番有名なラストは、おそらく「202」だと思いますが、「82」「808」なども良く利用されているラストです。
*私は「202」を所有しておりますが、正直、「808」を知っていたら、そちらを買っていたと思います。
 どちらも良いものですが、個人的には、とても足馴染みの良いものだと思います。


さて、今回頂きましたオーダーですが、オールソールです。

・ イタリーレザー
・ ヒドゥンチャネル(糸が見えないようにする仕様です。)
・ 半カラス仕上げ(下の画像の通り、2色の配色にして洒落感をUPします。)
・ UK製ダブテイルリフト(カカトの事です。)
・ カカトには、エドワードグリーン純正と同じ化粧釘

ここに、更にクリーニングもさせて頂き、革質を可能な限り綺麗にさせて頂きました。

靴底、迫力あります!!

エドワードグリーン 半カラス仕上げ

エドワードグリーン 半カラス仕上げ2


RESHでは、様々なご要望に、お答えしております。
もし、お手持ちの靴で気になる点がございましたら、遠慮なくご連絡ください
よろしくお願い申し上げます。


村山


  


  • Posted by RESH三軒茶屋 at 17:56Comments(0)オールソール

    2019年09月08日

    フェラガモのローファー(オールソール)

    こんばんは!

    RESH三軒茶屋店の村山です。


    今回はオールソール

    そして、お靴はこちら!
    フェラガモのビットローファー

    高級靴の中では大定番ではないでしょうか。
    フェラガモビットローファーです。
    いやー、カッコ良いですね!

    今回は、歩きやすいソールに交換させて頂きました。

    フェラガモのビットローファー2

    分かりますか??

    1ピースでできた、ゴムソール??かな??

    綺麗に仕上がってますね。


    Vibramガムライトソール

    実は、こちら、「ゴムソール」でもありますが、カテゴリ上は、「スポンジソール」に該当します。
    こちらも大定番!VIBRAM社ガムライトソールです。

    靴の好きの中では知られたソールですが、意外とつけている方は少ないのでは無いでしょうか。

    ガムライトとは?

    ご存知でない方に、こちらの素材のご説明させて頂きます。

    ガムライトとは?

    簡単に言いますと、特殊なゴムを泡させて、スポンジ状にした、超特殊な素材です。

    スポンジなので軽く屈曲性も高くクッション性もあります。
    更にはスポンジといいますと、削れやすいイメージをお持ちの方もいらっしゃいますが、この素材となっている特殊ゴムのおかげで耐摩耗性にも優れているという非常に優秀な素材なのです

    特殊技術で作られていますので、現在、この素材はVIBRAM社以外では作る事ができません!

    カジュアルで、タウンユース向きな靴には最適なので、今回のローファーには大変相性が良いと思います。

    *ちなみに私、VIBRAM社を贔屓にしている訳ではありません(笑)。
    技術開発力が、他社を圧倒しているのは、認めないといけないレベルだと思っているだけです。


    素材はいつでもご用意がございます。
    興味のある方は是非当店までお越しください。


    以上、RESH三軒茶屋店、村山でした!!
      


  • Posted by RESH三軒茶屋 at 19:37Comments(0)オールソール靴の話

    2019年07月15日

    オールデンに新ヴィンテージスチール(JRソール&エテルノ)

    こんばんは!

    RESH三軒茶屋店の村山です。
    今回はオールデンの修理、しかもオールソール+ヴィンテージスチールです。

    オールデンのカカトVIBRAM#5345

    お好きな方であれば、このカカトの形を見ただけで、
    ラスト(木型)まで判別できるのではないでしょうか。
    ちなみにVIBRAMの#5345(通称サンライズ)というトップリフトに変更しております。

    オールデンのカカトのアップ

    写真でもわかる、外側に下がったような特徴的な作りになってますね。

    オールデンのモディファイドラスト

    このラスト(木型)は、「モディファイドラスト」といいます。
    海外ではあまり出回っておりませんが、国内では大人気のラストです。
    *詳しくはネットで沢山出ておりますので、気になる方は検索してみてください。
    *今回はJRソールでオールソールをしております。

    そして!
    つま先には、新発売のヴィンテージスチール、「エテルノ」を装着しております。
    *完全オリジナル品ですので、RESHにしかありません!


    ヴィンテージスチール「エテルノ」

    「エテルノ」とはイタリア語で「完璧な」という意味だそうですが・・・。
    実際は、イタリア靴よりもアメリカ・イギリスの靴に合いそうです、

    今までにない形状です。
    他のものよりも30%程度厚みがあります。
    4本止めなのも特徴でしょうか。
    素材はスチール。
    金メッキ加工をしております。

    個人的にエテルノを装着するのにオススメなブランドは、
    ・オールデン
    ・チャーチ
    ・リーガル
    ・ジャラン スリウァヤ

    あたりのダブルソールの靴です。

    個人的には、大変カッコいいと思います。
    是非お試しください。

    宜しくお願い申し上げます。

    RESH三軒茶屋
    村山裕一  


  • 2019年06月30日

    仕上がりに関わる大切な工程

    こんにちは!

    RESH三軒茶屋店、村山です。

    本日は仕上がりの写真無しでお送りします(笑)。

    皆様は、靴底の張り替え、「オールソール」の工程を見た事がありますでしょうか??

    興味がある人もいるようなので、部分的に少しずつご紹介します。
    今回はのテーマは「糸貫き」!!


    糸貫き1(オールソール)

    はい!靴底を剥がした状態ですね!

    靴修理(糸貫き)オールソール

    ↑アップにしてみました。
    糸を取り、同じ穴に向かって、糸を入れなおしたいので、とても大切な作業になります。
    すべて手作業で抜いていかないといけません。
    そして大抵は糸も革も劣化しておりますので、綺麗には取れなくなっております。

    力を入れ過ぎると、革(ウェルト部)を痛めてしまいますので、時間を掛けるしかなく・・・。
    根気のいる作業ですね。



    *残念ながら、サボる修理屋さんがあるようです。
    糸が残っていても、お構いなしに、上から縫い直しをしているのを何度も見かけております。
    皆様、見た目に大きく関わる部分ですので、靴修理は、信頼できるお店にお願いしてくださいね!


    さて、ここから糸を抜いてスッキリさせます。
    オールソールの工程、糸貫き


    抜いたら、後はコルクを詰めなおして、革(ミッドソール)を張って、縫い直しという作業に入ります。
    ミッドソール

    ミッドソールです。


    アウトソール

    更にそのあとにアウトソールも張り付けていきます。


    以上です。
    こうやって考えると、自分たちの仕事は、実に手間の掛かる工程があるなと感じます(笑)。


    以上、本日のブログでした!!


    村山裕一


      


  • 2019年06月29日

    ニューバランスのオールソール!!「メチャカッコいい!」

    こんばんは!

    RESH三軒茶屋店の村山です。

    今回はニューバランスのスニーカー修理です。

    MADE IN USAという印象の強いニューバランスですが、今回のスニーカーはMADE IN ENGLAND

    NEW BALANCE 1500

    確かにアメリカっぽくは無い色合いですね。
    印象もかなり違います。


    さて、この靴ですが、お預かり時はこんな感じでした。

    ニューバランス1500
    加水分解したニューバランス1500

    いわゆる「加水分解」が起きている状態でした。

    【加水分解とは?】
    空気中にある水分などと結合し、材質が分解、劣化していく現象。
    靴の場合、特に靴箱や下駄箱に入れっぱなしにしていると起きやすい。
    是非風通しの良い場所に置きましょう!!


    もう修理不可?
    と思って捨てる方も多いようですが、諦めないでください。


    修理後はこちら!
    NEW BALANCE 1500×Vibramソール!

    はい!
    皆大好きVINRAMソール!
    完全に蘇りました。


    そういえば、ラルフローレン氏に絶賛されたという名スニーカー、#1300のソールは、元々Vibramでしたね。
    (ホントは私、知りませんでした。Vibramジャパンの社長に教えて頂きました!)

    更に言いますと、最近のNEW BALANCEは、VIBRAMと共同開発でソールも作っています。

    そんな訳で、両ブランドの親和性はバッチリです!
    ウンチクまで語れて、デザイン性も素晴らしい、最高のスニーカーになりました。


    NEW BALANCE 1500×Vibramソール!2


    NEW BALANCEのオールソールは私達にお任せください。
    最高の仕上がりを最適な納期でお返しします。

    三軒茶屋から徒歩5分程の所に当店はございます。
    道が分からない時は是非お問合せください。
    以上、本日のブログでした!!


    RESH三軒茶屋店
    東京都世田谷区太子堂2丁目28−1
    電話: 03-3414-0803
    MAIL:resh.sancha@gmail.com

    村山裕一

      


  • 2019年06月22日

    鮫底!!(リップルソール)×ビルケンシュトック

    こんにちは!

    RESH三軒茶屋店
    の村山です。

    いつもブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。


    本日の内容は
    「リップルソール」です!

    ご存知ない方も是非見て欲しいです。
    一見人気あるの?と思われる方もいるでしょう。
    しかし!実は万能選手で、人気もかなりあるソールだという事が分かると思います。

    シャークソール(REDWING)

    見た目から、「シャークソール」とも言われています。

    元々は登山用に開発されたので、
    レッドウィング・ダナーなどのアウトドア系の靴と相性は抜群です。

    そして最近では、
    ドレスシューズとシャークソール

    ↑ドレスシューズにも使われています。
    *あのプラダ・アンダーカバー等でも使われています。


    そして今回、お客様からお預かりした靴は・・・サンダルです!!

    ビルケンシュトック

    ↑すみません。
    修理前の写真と取っていませんでしたが、同じ形です。
    これに、シャークソールを装着すると・・・


    ビルケンシュトックとシャークソール
    シャークソール(ビルケンシュトック)

    通なお客様で、ミッドソールを「白」でご指定頂き、なんとも可愛らしく、清潔感もある仕上がりになりました。

    リップルソール

    他にもコンバースやアディダスなどのスニーカーとも相性がよいので、是非検討してみてください。

    よろしくお願い申し上げます。

    RESH三軒茶屋店
    村山裕一




      


  • Posted by RESH三軒茶屋 at 15:33Comments(0)オールソール靴の話

    2019年06月10日

    ニューバランスのオールソール(Vibram社)

    こんにちは!

    三軒茶屋にあります、靴修理屋、「RESH」の村山です。

    ウチの技術ピカ一な店長、田中より

    「あ、村山さん、ブログにコレあげておいて~。忘れてたわ~。」
    との事でしたので、ご紹介しますw


    スニーカーの加水分解の修理



    ニューバランス1600


    ご存知ニューバランス!!
    高級ラインの1000番台、しかもハイテク感のある1600です。

    さて、このニューバランスというブランド、
    大変に履き心地の良いスニーカーばかりなのは、ご存知かと思いますが、
    購入された多くの方が、
    共通の悩みを抱えているようです。


    それは・・・

    加水分解!!

    ニューバランスの加水分解
    ニューバランスの加水分解2


    こればかりは、いつか起きてしまいます。
    *できるだけ風通しの良いところに置きましょうね!!

    私の#574、#996も、残念ながら逝ってしまいました・・・(T T)。
    良いスニーカーですので、ホントに切ない気分になってしまいます。


    でも今は大丈夫!(??)

    RESH来ればコレがあります!!


    Vibram社のスニーカーソール


    Vibram社のスニーカーソール2

    カッコいいスニーカーソール

    Vibramでのオールソールです。

    色々な有名メーカーが靴の修理部材を作っていますが、
    こういう試みに関しては、本当にVibram社がズバ抜けていると思います。

    加水分解だけでなく
    カカトが擦り減った方
    気分を変えたい方

    ニューバランス×VINRAM
    素敵です!!

    ご検討ください。


    三軒茶屋靴修理といえばRESH
    靴のことなら何でもOK!
    お電話でもお気軽にお問合せください。
    03-3414-0803


    宜しくお願いします。

    村山裕一


      


  • Posted by RESH三軒茶屋 at 11:10Comments(0)スニーカー修理オールソール

    2019年05月31日

    マッケイ製法

    こんにちは


    RESH三軒茶屋店 たなかです


    さて今日は

    靴の底付けの製法のひとつ

    マッケイ製法の靴のご紹介



    高級靴を作る製法のグッドイヤー製法にくらべコバの張り出しを抑えられよりエレガントに仕上げられ

    また返りの良さも特徴です。

    デメリットとして水が浸みやすいところでしょうか。。。


    もちろんグッドイヤー製法同様、ソール交換可能です






    こちらのフェラガモはソールは1枚のみのオシブチと呼ばれるパーツがないタイプ

    よりコバをおさえられエレガントに仕上げられます


    また

    こちらのパーツがある靴のオールソールの場合、若干でも亀裂がある場合は交換させて

    頂くかと思います



    元々が丸い形状のコバ

    もちろん同様に丸く仕上げオリジナルの雰囲気を損ないません。


    皆様のご来店お待ちしております!

      


  • Posted by RESH三軒茶屋 at 12:12Comments(0)オールソール

    2019年05月19日

    アレンエドモンズのオールソール!

    こんにちは!

    RESH三軒茶屋店の村山です。

    私の大・大大好きなブランド、

    アレンエドモンズのロゴ
    アレンエドモンズ!!


    このブランドで有名な話といいますと、
    ジョンFケネディ

    かの有名なJ・F・K!
    ケネディ大統領をはじめ、多くの大統領が就任式で履いていたという逸話があります。

    ↓ちなみに履いていた靴はこちら!
    アレンエドモンズのパークアベニュー

    パークアベニューという、このブランドの看板商品です。


    さて、今回のオールソールはといいますと、前述と全く同じラスト(木型)で作られた靴です。



    名前はサンフォード
    外羽根のパンチ穴が沢山付いた仕様になっています。

    イタリーレザーとVINRAMのリフト

    シンプルで、飽きのこないイタリーレザーとVibram社のゴム製のトップリフトのコンビです。
    この靴は、アッパーに穴飾りが沢山あり、豪華な雰囲気がありますので、この方が似合うのかもしれません。

    ちなみに、オールソール後のケアで磨いたら、ピカピカに光ってくれました。


    他にもアレンエドモンズというブランドは、
    いくつかの特徴がありますが、
    言い出したらキリがありませんので、このへんで(笑)。

    アレンエドモンズ、5足所有の村山でした。

      


  • Posted by RESH三軒茶屋 at 13:30Comments(0)オールソール

    2019年04月24日

    レッドウィング 8875 オールソール

    こんにちわ!

    自分がセッターの黒履いていた時はカスタムして遊んでました。

    フォルムだけじゃ無く、履き心地も大分変わるので面白いですよね。


    本日はvibram4014です。





    Vibram4014
    オールソール¥10000+TAX  


  • Posted by RESH三軒茶屋 at 19:40Comments(1)オールソール