たまりば

  多摩地域のお店・会社 多摩地域のお店・会社  その他 その他

2019年09月08日

フェラガモのローファー(オールソール)

こんばんは!

RESH三軒茶屋店の村山です。


今回はオールソール

そして、お靴はこちら!
フェラガモのビットローファー

高級靴の中では大定番ではないでしょうか。
フェラガモビットローファーです。
いやー、カッコ良いですね!

今回は、歩きやすいソールに交換させて頂きました。

フェラガモのビットローファー2

分かりますか??

1ピースでできた、ゴムソール??かな??

綺麗に仕上がってますね。


Vibramガムライトソール

実は、こちら、「ゴムソール」でもありますが、カテゴリ上は、「スポンジソール」に該当します。
こちらも大定番!VIBRAM社ガムライトソールです。

靴の好きの中では知られたソールですが、意外とつけている方は少ないのでは無いでしょうか。

ガムライトとは?

ご存知でない方に、こちらの素材のご説明させて頂きます。

ガムライトとは?

簡単に言いますと、特殊なゴムを泡させて、スポンジ状にした、超特殊な素材です。

スポンジなので軽く屈曲性も高くクッション性もあります。
更にはスポンジといいますと、削れやすいイメージをお持ちの方もいらっしゃいますが、この素材となっている特殊ゴムのおかげで耐摩耗性にも優れているという非常に優秀な素材なのです

特殊技術で作られていますので、現在、この素材はVIBRAM社以外では作る事ができません!

カジュアルで、タウンユース向きな靴には最適なので、今回のローファーには大変相性が良いと思います。

*ちなみに私、VIBRAM社を贔屓にしている訳ではありません(笑)。
技術開発力が、他社を圧倒しているのは、認めないといけないレベルだと思っているだけです。


素材はいつでもご用意がございます。
興味のある方は是非当店までお越しください。


以上、RESH三軒茶屋店、村山でした!!
  


  • Posted by RESH三軒茶屋 at 19:37Comments(0)オールソール靴の話

    2019年06月30日

    仕上がりに関わる大切な工程

    こんにちは!

    RESH三軒茶屋店、村山です。

    本日は仕上がりの写真無しでお送りします(笑)。

    皆様は、靴底の張り替え、「オールソール」の工程を見た事がありますでしょうか??

    興味がある人もいるようなので、部分的に少しずつご紹介します。
    今回はのテーマは「糸貫き」!!


    糸貫き1(オールソール)

    はい!靴底を剥がした状態ですね!

    靴修理(糸貫き)オールソール

    ↑アップにしてみました。
    糸を取り、同じ穴に向かって、糸を入れなおしたいので、とても大切な作業になります。
    すべて手作業で抜いていかないといけません。
    そして大抵は糸も革も劣化しておりますので、綺麗には取れなくなっております。

    力を入れ過ぎると、革(ウェルト部)を痛めてしまいますので、時間を掛けるしかなく・・・。
    根気のいる作業ですね。



    *残念ながら、サボる修理屋さんがあるようです。
    糸が残っていても、お構いなしに、上から縫い直しをしているのを何度も見かけております。
    皆様、見た目に大きく関わる部分ですので、靴修理は、信頼できるお店にお願いしてくださいね!


    さて、ここから糸を抜いてスッキリさせます。
    オールソールの工程、糸貫き


    抜いたら、後はコルクを詰めなおして、革(ミッドソール)を張って、縫い直しという作業に入ります。
    ミッドソール

    ミッドソールです。


    アウトソール

    更にそのあとにアウトソールも張り付けていきます。


    以上です。
    こうやって考えると、自分たちの仕事は、実に手間の掛かる工程があるなと感じます(笑)。


    以上、本日のブログでした!!


    村山裕一


      


  • 2019年06月22日

    鮫底!!(リップルソール)×ビルケンシュトック

    こんにちは!

    RESH三軒茶屋店
    の村山です。

    いつもブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。


    本日の内容は
    「リップルソール」です!

    ご存知ない方も是非見て欲しいです。
    一見人気あるの?と思われる方もいるでしょう。
    しかし!実は万能選手で、人気もかなりあるソールだという事が分かると思います。

    シャークソール(REDWING)

    見た目から、「シャークソール」とも言われています。

    元々は登山用に開発されたので、
    レッドウィング・ダナーなどのアウトドア系の靴と相性は抜群です。

    そして最近では、
    ドレスシューズとシャークソール

    ↑ドレスシューズにも使われています。
    *あのプラダ・アンダーカバー等でも使われています。


    そして今回、お客様からお預かりした靴は・・・サンダルです!!

    ビルケンシュトック

    ↑すみません。
    修理前の写真と取っていませんでしたが、同じ形です。
    これに、シャークソールを装着すると・・・


    ビルケンシュトックとシャークソール
    シャークソール(ビルケンシュトック)

    通なお客様で、ミッドソールを「白」でご指定頂き、なんとも可愛らしく、清潔感もある仕上がりになりました。

    リップルソール

    他にもコンバースやアディダスなどのスニーカーとも相性がよいので、是非検討してみてください。

    よろしくお願い申し上げます。

    RESH三軒茶屋店
    村山裕一




      


  • Posted by RESH三軒茶屋 at 15:33Comments(0)オールソール靴の話