たまりば

  多摩地域のお店・会社 多摩地域のお店・会社  その他 その他

2019年06月30日

仕上がりに関わる大切な工程

こんにちは!

RESH三軒茶屋店、村山です。

本日は仕上がりの写真無しでお送りします(笑)。

皆様は、靴底の張り替え、「オールソール」の工程を見た事がありますでしょうか??

興味がある人もいるようなので、部分的に少しずつご紹介します。
今回はのテーマは「糸貫き」!!


糸貫き1(オールソール)

はい!靴底を剥がした状態ですね!

靴修理(糸貫き)オールソール

↑アップにしてみました。
糸を取り、同じ穴に向かって、糸を入れなおしたいので、とても大切な作業になります。
すべて手作業で抜いていかないといけません。
そして大抵は糸も革も劣化しておりますので、綺麗には取れなくなっております。

力を入れ過ぎると、革(ウェルト部)を痛めてしまいますので、時間を掛けるしかなく・・・。
根気のいる作業ですね。



*残念ながら、サボる修理屋さんがあるようです。
糸が残っていても、お構いなしに、上から縫い直しをしているのを何度も見かけております。
皆様、見た目に大きく関わる部分ですので、靴修理は、信頼できるお店にお願いしてくださいね!


さて、ここから糸を抜いてスッキリさせます。
オールソールの工程、糸貫き


抜いたら、後はコルクを詰めなおして、革(ミッドソール)を張って、縫い直しという作業に入ります。
ミッドソール

ミッドソールです。


アウトソール

更にそのあとにアウトソールも張り付けていきます。


以上です。
こうやって考えると、自分たちの仕事は、実に手間の掛かる工程があるなと感じます(笑)。


以上、本日のブログでした!!


村山裕一


  


  • 2019年06月29日

    ニューバランスのオールソール!!「メチャカッコいい!」

    こんばんは!

    RESH三軒茶屋店の村山です。

    今回はニューバランスのスニーカー修理です。

    MADE IN USAという印象の強いニューバランスですが、今回のスニーカーはMADE IN ENGLAND

    NEW BALANCE 1500

    確かにアメリカっぽくは無い色合いですね。
    印象もかなり違います。


    さて、この靴ですが、お預かり時はこんな感じでした。

    ニューバランス1500
    加水分解したニューバランス1500

    いわゆる「加水分解」が起きている状態でした。

    【加水分解とは?】
    空気中にある水分などと結合し、材質が分解、劣化していく現象。
    靴の場合、特に靴箱や下駄箱に入れっぱなしにしていると起きやすい。
    是非風通しの良い場所に置きましょう!!


    もう修理不可?
    と思って捨てる方も多いようですが、諦めないでください。


    修理後はこちら!
    NEW BALANCE 1500×Vibramソール!

    はい!
    皆大好きVINRAMソール!
    完全に蘇りました。


    そういえば、ラルフローレン氏に絶賛されたという名スニーカー、#1300のソールは、元々Vibramでしたね。
    (ホントは私、知りませんでした。Vibramジャパンの社長に教えて頂きました!)

    更に言いますと、最近のNEW BALANCEは、VIBRAMと共同開発でソールも作っています。

    そんな訳で、両ブランドの親和性はバッチリです!
    ウンチクまで語れて、デザイン性も素晴らしい、最高のスニーカーになりました。


    NEW BALANCE 1500×Vibramソール!2


    NEW BALANCEのオールソールは私達にお任せください。
    最高の仕上がりを最適な納期でお返しします。

    三軒茶屋から徒歩5分程の所に当店はございます。
    道が分からない時は是非お問合せください。
    以上、本日のブログでした!!


    RESH三軒茶屋店
    東京都世田谷区太子堂2丁目28−1
    電話: 03-3414-0803
    MAIL:resh.sancha@gmail.com

    村山裕一

      


  • 2019年06月28日

    VIBRAM1136ソール



    こんにちは

    RESH三軒茶屋店 たなかです

    さて


    今日は


    ソール交換、


    Vibram1136にてオールソールです





    今日の靴


    お分かりでしょうか?


    分かった方


    かなりの靴マニアです!!










    BOLLINI(ボリーニ)

    BOLLINI(ボリーニ)は第二次世界大戦が終結した年の1945年、ミラノ郊外に位置する避暑地、カンタルーポに創業しました。



    ボリーニは、サンプルメーカーとしてイタリア本国のシューズサプライヤーらの間ではよく知られる存在です。サンプルメーカーとは、あるブランドが新商品を開発するにあたって必要となるサンプルを、そのブランドに代わって製作する専業ファクトリーのことです。


    数は少ないですが、OEMを手掛けていることもあります。高級ブランドのブリオーニの靴のいくつかはボリーニが手掛けていたりします。

    こうして培われた繊細な技術と高いセンスを活かし、2002年に自社ブランド ‘’Bollini’’ をデビューさせました。それはファミリーで営む小さなファクトリーが世界に向けて発信された瞬間でもありました。

    ボリーニの職人はわずか10名にも満たず、生産量は1日20足ほどです。

    かつて靴学校の教師も務めていたというアリスティード・ボリーニ氏は80歳を超えた高齢、弟のイルデブランド氏も70歳代後半の大ベテランです。

    今は、その後継として、イルデブランド氏の息子でモデリストのエンリコ氏と若干名の職人が加わるのみで、大変少ない人数の中で靴を作り続けています。それでいて高品質な靴を作り続けているのです。







    いかがでしょうか?

    皆様のご来店お待ちしております!

       


  • Posted by RESH三軒茶屋 at 07:45Comments(0)メンズシューズ修理

    2019年06月23日

    CHURCH’S SHANNON




    こんにちは!


    RESH三軒茶屋店 たなかです


    さて今日は

    CHURCH’S

    SHANNON シャノン

    チャーチを代表するモデルの一つ外羽根プレーントウでボリュームのあるトウが特徴です

    アッパーには撥水力のあるポリッシュドバインダーカーフを使用

    また

    ストームウエルトや袋ベロなどカントリーテイストも感じられる傑作モデルです






    この度

    レザーソールからラバーソールに交換です

    勿論

    こちら 



    ダイナイトソール




    オールソールは2週間ほどの修理期間になります

    ソール以外もカカトライニングも期間中に修理しました





    コバ周りもレザーソール同様にツメの仕様で

    違和感なく仕上げます







    いかがでしょうか?

    皆様のご来店お待ちしております!
      


  • Posted by RESH三軒茶屋 at 20:08Comments(0)メンズシューズ修理

    2019年06月22日

    鮫底!!(リップルソール)×ビルケンシュトック

    こんにちは!

    RESH三軒茶屋店
    の村山です。

    いつもブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。


    本日の内容は
    「リップルソール」です!

    ご存知ない方も是非見て欲しいです。
    一見人気あるの?と思われる方もいるでしょう。
    しかし!実は万能選手で、人気もかなりあるソールだという事が分かると思います。

    シャークソール(REDWING)

    見た目から、「シャークソール」とも言われています。

    元々は登山用に開発されたので、
    レッドウィング・ダナーなどのアウトドア系の靴と相性は抜群です。

    そして最近では、
    ドレスシューズとシャークソール

    ↑ドレスシューズにも使われています。
    *あのプラダ・アンダーカバー等でも使われています。


    そして今回、お客様からお預かりした靴は・・・サンダルです!!

    ビルケンシュトック

    ↑すみません。
    修理前の写真と取っていませんでしたが、同じ形です。
    これに、シャークソールを装着すると・・・


    ビルケンシュトックとシャークソール
    シャークソール(ビルケンシュトック)

    通なお客様で、ミッドソールを「白」でご指定頂き、なんとも可愛らしく、清潔感もある仕上がりになりました。

    リップルソール

    他にもコンバースやアディダスなどのスニーカーとも相性がよいので、是非検討してみてください。

    よろしくお願い申し上げます。

    RESH三軒茶屋店
    村山裕一




      


  • 2019年06月20日

    J.レンデンバッハ





    こんにちは

    RESH三軒茶屋 たなかです



    三陽山長

    オールソール修理です


    ソール材料はトップリフト共に

    J.レンデンバッハ
    です

    ご存知の方多いのではないでしょうか?

    クロケットジョーンズのハンドグレードライン

    ハインリッヒディンケラッカー

    VASS

    など

    多くのブランドからも信頼のあるレザーソールです















    予めつま先はビンテージスチールで補強


    いかがでしょうか?


    皆様のご来店お待ちしております

      


  • Posted by RESH三軒茶屋 at 15:18Comments(0)メンズシューズ修理

    2019年06月19日

    リーガル オールソール

    こんにちわ!

    いやぁ暑い
    汗凄いです。。


    さて、今日はビブラムソール2810でオールソールです。



    ビブラム2810は張り付けなので(縫い付けをしない)
    一度土台(ミッドソール)を作ります。






    素材はスポンジなので、履き心地が固いや、重たくて歩きにくい、などなど
    お困りでしたら一度ご相談下さい!

    ビブラム2810ソール ¥10000+税

      


  • Posted by RESH三軒茶屋 at 19:25Comments(0)

    2019年06月18日

    Maison Margiela

    こんにちは

    RESH三軒茶屋店 たなかです




    Maison Margiela

    マルジェラ タビシューズ

    最近徐々にメンズのお持ち込み

    見受けられるようになりました。


    ハイヒールタイプもあるようですが

    こちらのタイプが人気でしょうか?




    ヒールがないフラットなタイプ

    この度

    ソール補強です





    全体に薄いゴムで補強

    ヒール部分は

    減りやすいので少し厚みが出ますが

    専用のゴムで補強です









      


  • Posted by RESH三軒茶屋 at 23:00Comments(0)メンズシューズ修理

    2019年06月17日

    純正パーツ





    こんにちは


    RESH三軒茶屋 たなかです


    今更ながらご紹介


    クロケット&ジョーンズ、チャーチの純正のトップリフト













    クロケット&ジョーンズ、純正ダブテイル

    飾り釘はアップチャージですが

    やはり様になります


    いかがでしょうか?


    皆様のご来店お待ちしております!




      


  • Posted by RESH三軒茶屋 at 17:18Comments(0)メンズシューズ修理

    2019年06月15日

    人材採用のお話です。

    こんにちは!

    RESH三軒茶屋店の村山です。

    今回は全然違うお話。
    なんと「人材募集」です。


    実は私、
    靴が好きすぎて、ついには靴修理の会社に入社してしまった、そんな人間です。

    仕事趣味の境目がない事は良い事ではありますが、公私混同は、良くないですよね・・・普通は。

    だから入社が決まって、しばらくは戒めようと思っていたんです。

    でも・・・入社したら、同じような人種が大半を占めていました(笑)。
    とにかく靴の話だと止まらず、それが仕事の上で大切な事だったりします。

    靴が好き

    靴修理が好き

    職人になってたwww

    こんな人が多いようです。
    実に幸せな事です。

    私達は、技術を磨き続けプロとしての誇りを持ちながら、更に仕事を心底楽しむ事もできる集団なんだと思います。


    ・・・実は私、人材採用の担当を兼ねていまして、色々考えているうちに、そんな事に今更気がつきました。
    気持ちを同じくできる方、是非弊社にお問合せください。
    勤務地は全国にございます!
    韓国語を話せる方なら韓国もOK!

    問い合わせ先:saiyo@resh.tv

    RESH三軒茶屋店
    村山 裕一


      


  • Posted by RESH三軒茶屋 at 15:23Comments(0)ご案内靴以外のお話人材募集