たまりば

  多摩地域のお店・会社 多摩地域のお店・会社  その他 その他

2019年10月26日

EDWARD GREENのビスポークをオールソール

こんばんは!

RESH三軒茶屋店の村山です。

いつも当ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。


さて!
今回は・・・エドワードグリーン
しかも「ホールカット」です。
エドワードグリーンのホールカット修理


「ホールカット」とは?
たった一枚の革で靴の上部(アッパー)を作る靴です。
キズを避けて、大きく革を裁断していく為、贅沢な仕様となります。


更にこの靴は、なんとパターンオーダーなんです。

中敷きの画像は、あえて撮影しておりません
しっかりと、手書きの筆記体で、ブランド名の記載があるほか、お客様の名前も大きく書いてあます。
本当に贅沢な作りだと思います。


ラスト表記は808とあります。
このブランドで一番有名なラストは、おそらく「202」だと思いますが、「82」「808」なども良く利用されているラストです。
*私は「202」を所有しておりますが、正直、「808」を知っていたら、そちらを買っていたと思います。
 どちらも良いものですが、個人的には、とても足馴染みの良いものだと思います。


さて、今回頂きましたオーダーですが、オールソールです。

・ イタリーレザー
・ ヒドゥンチャネル(糸が見えないようにする仕様です。)
・ 半カラス仕上げ(下の画像の通り、2色の配色にして洒落感をUPします。)
・ UK製ダブテイルリフト(カカトの事です。)
・ カカトには、エドワードグリーン純正と同じ化粧釘

ここに、更にクリーニングもさせて頂き、革質を可能な限り綺麗にさせて頂きました。

靴底、迫力あります!!

エドワードグリーン 半カラス仕上げ

エドワードグリーン 半カラス仕上げ2


RESHでは、様々なご要望に、お答えしております。
もし、お手持ちの靴で気になる点がございましたら、遠慮なくご連絡ください
よろしくお願い申し上げます。


村山


  


  • Posted by RESH三軒茶屋 at 17:56Comments(0)メンズシューズ修理オールソール