たまりば

  多摩地域のお店・会社 多摩地域のお店・会社  その他 その他

2019年10月06日

金沢発の本格靴

こんにちは


RESH三軒茶屋店です



さて今日は



金沢発の本格靴

金沢発の本格靴



KOKON(ココン)


金沢発の本格靴


KOKONは店主の小紺浩良氏が1995年に金沢の地で創業した商店街にある小さな靴屋さんです。既成靴とオーダー靴の販売を行う同店ですが、独自ラストの改良、そしてOEMメーカー『セントラル靴』との協業によって、その評価を高めはじめました。

長らくセントラル靴に製造を委託することで、そのクオリティの高さで評価を得てきました。しかし2014年「KOKON製品の製造管理を担っていた駒沢氏が同社から独立。それに合わせてKOKONも駒沢氏の会社『JOE WORKS』に委託先を移管

これにより、高い技術はそのままにより柔軟性と信頼性の高いパートナーを得ることに成功。安定してハイクオリティな製品を製造し続けてくれているのです。

その製造クオリティもさることながら、高く評価される所以はその革にもあるでしょう。

日本を代表するタンナー『新喜皮革』のコードバンをはじめ、『カールフロイデンベルク』や『デュプイ』、『アノネイ』といった海外の有名タンナーの革を一通り取り揃えています。



靴の要ともいえるラストもまた、KOKONを語る上では外せない要素です。

2006年に日本人の足に合わせ開発された名ラスト『KO-1』と、それを改良し近代的な甲低でスリムな足に合わせた『KO-N1』。そして外羽やプレーントゥ用などに『KO-9』とその改良版の『KO-N9』、『KO-4』など複数の独自ラストが存在します。

そのなかでも特に私が気に入っているのがKO-N1です。KO-N1は土踏まずのアーチと絞り込みが強く、ヒールカウンターも小ぶり。ノーズも長くないトラディショナルな英国靴の形をしています。個人的な感覚では、甲を少し高くしたEdwardGreenの#82といったところでしょうか。

しかし、KOKONのように複雑な形状をしたラストは製造難度も高くなってしまいます。その製造難度を、駒沢氏率いる『JOE WORKS』の高い技術によって担保することで、KOKONの靴は実現されているのです。



オールソール修理!


金沢発の本格靴

金沢発の本格靴



いかがでしょうか。

皆様のご来店お待ちしております


  • 同じカテゴリー(メンズシューズ修理)の記事画像
    オリジナルパーツ
    レッドウイングスーパーソールオールソール修理
    EDWARD GREENのビスポークをオールソール
    toeラバー&UKダブテイル
    さわやかオールソール
    定番のラバーソール
    同じカテゴリー(メンズシューズ修理)の記事
     オリジナルパーツ (2019-11-22 19:41)
     レッドウイングスーパーソールオールソール修理 (2019-10-28 22:16)
     EDWARD GREENのビスポークをオールソール (2019-10-26 17:56)
     toeラバー&UKダブテイル (2019-10-24 14:15)
     さわやかオールソール (2019-10-23 18:30)
     定番のラバーソール (2019-10-20 19:50)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    金沢発の本格靴
      コメント(0)